「ドイツのトランプ」「オランダのトランプ」が勢力拡大 テロ事件に揺れる欧州の未来は?

 「私たちの生活は多様性の上に成り立っています。多様性によって、私たちは豊かになるのです」

12月19日午後。ドイツの首相アンゲラ・メルケルはベルリンの官邸で、移民が社会に溶け込むための支援をするボランティアらを表彰していた。「開かれた心を保ってください。思うように物事が進まなくても、落胆しないでください」

クリスマス市にトラックが突っ込んだという一報が入ったのは、その直後だった。

翌朝、メルケルは会見で容疑者の詳細を明かさないまま、事件について、テロ行為だと「想定しなければならない」と発言。それでも寛容さを失わない重要性を強調していた。「ドイツで、望むように生活をする強さを取り戻すのです。自由に、手を携えて、開かれた心の中に」

「リベラルな西側諸国の最後の擁護者」と呼ばれるメルケル。だが2015年に100万人の難民が押し寄せたドイツでは、その受け入れ策を巡って、激しい議論が交わされる。

Marcus Pretzel
「これはメルケルがもたらした死だ!」。反移民を掲げる政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の欧州議会議員マルクス・プレッツェルのツイートだ。

事件発生直後、パキスタン国籍の男性が拘束されたと報道されると、極右政党は首相の難民受け入れ策を一斉に攻撃した。(この男性は後に釈放)

「幻想を抱いてはいけない。こうした犯罪の温床は、過去1年半に過失によって、構造的に作られたものだ」。Politicoによると、AfD党首フラウケ・ペトリもこう非難した。

「ドイツのトランプ」とも呼ばれるペトリ率いるAfD。その支持率は今年に入って2桁台に乗り、現在、13%まで伸ばしている。

 ドイツのための選択肢

 非難はドイツ国内にとどまらない。反感を煽る着火剤として外国人犯罪を取り上げる構図は、ヨーロッパ共通だ。

「メルケル、(オランダ首相の)ルッテ、そしてすべての臆病な政治家たちが、開かれた国境政策によって、難民の津波とイスラムのテロを許した」

オランダ自由党(PVV)の党首ヘルト・ウィルダースは20日、こうツイートした。反移民の過激な発言を繰り返し、「オランダのトランプ」と呼ばれるウィルダース。血まみれに見えるメルケルの画像も投稿した。

 
メルケル率いる「キリスト教民主同盟(CDU)」は9月18日のベルリン市議選で過去最低の得票率に沈んだ。翌日にメルケルは、移民受け入れ策が大敗につながったと振り返り、できるなら時計の針を戻し、移民政策を再考したいとまで言及した。

その2週間前にあった北東部メクレンブルク・フォアポンメルン州議会選でも、連立与党政権に参加する社会民主党(SPD)が第1党を維持する中、CDUはAfDに敗れ、第3党に退いている。