newsuyo

news.uyoku.info

国民戦線
フランスの若者、極右政党「国民戦線」に傾く 大統領選の動向は流動的


(CNN) フランス大統領選で決選投票への進出を決めた後、右翼・国民戦線(FN)の党首からいったん退くと発表したルペン候補(48)は25日、仏テレビ局とのインタビューで「私はFNの候補ではない」と強調した。
ルペン氏は自身を「FNに支持された一候補」と位置付け、全国民を代表する大統領候補として改めて名乗りを上げた。
専門家らはこの動きについて、ルペン氏に共感しながらもFNにつきまとうファシストのイメージに抵抗を感じてきた有権者を意識し、ハードルを取り除くのが目的との見方を示す。
第1回投票では中道のマクロン前経済相が1位だったが、ルペン氏は5月7日の決選投票が「大きな驚き」をもたらすだろうと予告。英国の国民投票や米大統領選と同じく「エリートに対する市民の反乱」が起きると述べた。
ルペン氏はまたCNNに対し、「国民は主権を取り戻すことを望んでいる」と強調した。
反移民、反グローバル化の立場がトランプ米大統領と共通していることを認め、トランプ氏が掲げる「米国第一」と同様、他国の政策に左右されない政治を約束。「私が気に掛けることはただひとつ、フランスの国と国民にとって良いことかどうかということだ」と語った。移民の受け入れを一時的に停止するなどの方針も改めて表明した。
ルペン氏の父でFNの党首だったジャンマリ・ルペン氏も2002年の大統領選で決選投票に進み、現職だったシラク元大統領に挑んだものの、過激な主張に対する批判が高まって惨敗に終わった。

 


ヨーロッパに押し寄せる移民。イスラム教徒による「新たな占領」をおそれるゲイ。極右政党にLGBT票が流れるとき、フランスの未来は


 ギヨーム・ラローズ(20)はゲイだ。かつ、フランスの極右政党「国民戦線」のメンバーだった。そして昨年暮れ、その存在が仏メディアを賑わせた。
ラローズについて、伝統的な右派・左派といったカテゴリーではくくれない。そして、労働者階級を超えて、国民戦線が支持を拡大しようとするとき、ラローズのような層を引きつけることは欠かせない。

 ラローズはパリ第二大学の学生。2012年の大統領選では、社会党のフランソワ・オランドを支持した。現大統領だ。だが次第に、その政策に失望していく。多くの左派と同様に

2016年9月、ラローズはパリの駅で集団に襲われた。集団は移民たちだったと思っている。ヘイト犯罪ではなく、路上強盗だったとも。だが、この経験をきっかけに、国民戦線の党首マリーヌ・ルペンの掲げる反移民政策に強く惹かれた。

 

反EU

襲撃される前から、ラローズはすでに国民戦線の学生組織「コレクティフ・マリアンヌ」に参加していた。パリの大学生を対象とした組織だ。

最初にルペン支持に傾いたのは、その反EUの姿勢だった。巨大企業がEUを利用して利益をむさぼっていると感じた。

すぐにこの組織ナンバー2の地位へのし上がり、大学に参加を呼びかける役割を負った。選挙に出るようにも薦められた。

たしかに国民戦線は、伝統的価値観を重んじる保守主義者たちが力を握っている。だが、気にはしなかった。「党内の少数派に過ぎない」。そう説得されたからだ。

「心配するな。(党内には)2派あって、(保守主義は)少数だから」。複数の人間からこう言われた。国民戦線の副党首に近い人物たちだ。

非難の集中砲火

だが、国民戦線を肌で知るようになると、真逆の結論に至る。「(保守)派は活動家の圧倒的大多数を占めている」

ラローズは昨秋、国民戦線の内部から集中攻撃された。同性結婚を認める法律の破棄を呼びかける集会を批判し、SNSに風刺画を投稿したときだ。

ゲイが指導的地位にいることに不満を持っていた国民戦線支持者からネットで血祭りに上げられる。「(国民戦線)を少年愛の売春宿に変えやがった

ネット上の批判は、気にさえしなければいいのかもしれない。ただ、ラローズは、表沙汰にはならない党内の深刻な批判にさらされたという。

学生組織「コレクティフ・マリアンヌ」の代表ダニエル・オーグストから、1通のテキストメッセージを見せられた。差出人は、マリオン・マレシャル=ルペン(27)。党首マリーヌの姪で、党を担う次世代のエースと目されている。

ラローズはフランスにいらない——。そう、メッセージには書かれていた。

オーグストはBuzzFeed Newsの取材に、このメッセージをマリオンから受け取ったことについて「否定しない」と話した。ただ、ラローズを黙らせるための「プレッシャー」ではなかったと釈明した。

ラローズはうんざりしていた。11月末、Facebookで国民戦線を離れることを発表し、こう書いた。「僕は『左派のイスラム化された潜入者』、LGBT『寄生者』、『少年愛のゴミ』と呼ばれた」

副党首フィリポから送られたテキストメッセージを、ラローズはBuzzFeed Newsに見せてくれた。移民やEUの問題に集中し「社会問題は二の次だ」と説かれたという。だが、フィリポこそ党内の保守派のパワーが分かっていないとラローズは思った。

副党首フィリポはゲイだ。

だが、自らゲイだと公表したわけではない。ゴシップ誌がパートナーと一緒の写真を載せた。これを国民戦線に対するゲイの支持を集めるために使うこともできたかもしれない。だが、フィリポはこう発言して周囲を驚かせた。

「国民戦線はゲイに友好的なのではありません。フランスに友好的なのです」

 ただ、
フィリポが国民戦線内の実力者にとどまり続けているという事実こそが、党はある程度ゲイに寛容だというメッセージを発している。

 

人口の5%未満

フランスのLGBT票は、選挙結果を左右するぐらい大きいのか。

調査会社IFOPのフランソワ・クロースによると、世論調査でレズビアンやゲイ、バイセクシュアルだと答える人は通常5%未満だという。この結果が現実を反映していると仮定すると、国民戦線が性的少数者から期待できる票は多くない。ただ、接戦になった場合、話は違う。

同性婚より移民の恐怖

党首マリーヌは、その側近に数多くのゲイを迎えた。その数は2013年に同性婚法を成立させた中道左派・社会党さえしのぎ、フランスの主要政党で最も多い。

なぜ、国民戦線はここまでゲイを惹きつけるのか。

「フランス人は恐怖を感じていると思います。ゲイも同じです」とセバスチャン・シュニュは話す。

シュニュは、国民運動連合(UMP、現・共和党)内のゲイ権利擁護グループ「GayLib」を創設した人物だ。2014年に国民戦線に移り、大きなニュースとなった。

 

広がる移民嫌悪

複数のLGBT活動家が、ここ数年、特に保守派のゲイの間でゼノフォビア(外国人嫌い)が広がっていると指摘する。

ジャーナリストでLGBT権利活動家のディディエ・レストラードは2012年に「なぜゲイたちは右傾化したのか(Pourquoi les gays sont passés à droite:未邦訳)」を上梓している。国民戦線へのゲイの支持が表面化する前だ。

特別の恐怖?

移民について、クィアの人たちはどう思っているのか。Ipsosの2016年の調査によると、サンプルサイズは少ない(302人)ものの、移民・犯罪・テロに対するLGBの人々の懸念は、異性愛者と同レベルだった。

 

反移民での共闘か、伝統価値への急旋回か

LGBT票の取り込みを図る国民戦線。だが党はジレンマも抱えている。

弁護士として活躍した党首マリーヌ・ルペンは、父で元党首のジャン・マリが右翼思想を強く押し出した党を現実路線に舵を切ることで、政権への道を目指している。

だが、その路線に失敗すれば、党内で力を握るとみられるのが姪のマリオン・マレシャル=ルペンだ。マリオンは党内で伝統を重んじる保守派の急先鋒だ。再び党を右に急旋回させる可能性がある。

「(国民戦線は)綱渡りをしている」。党を離れたラローズの言葉だ。

例えば、党首マリーヌは同性婚には反対しているものの、2013年に同性婚を認める法律に反対する抗議活動には加わらなかった。マリオンが反対を大きく叫んだのとは対照的だった。

また、2016年12月、マリオンは人工妊娠中絶へ医療費補助削減を訴えた。党首マリーヌは、この削減は党の「政策に含まれない」と断言した

 

異例の大統領選

ヨーロッパ大陸におけるLGBT権利は左派政党がひとつずつ前進させてきた。イスラム教徒の移民たちに対する恐怖感から、LGBT票がルペンのような極右政治家に流れる。皮肉な潮流といえる。

この春にあるフランス大統領選。4月23日の第1回投票で過半数を取る候補がいない場合、上位2人による決戦投票が5月7日にある。

ルペンが勝利するとき、左派が直面する政治危機は小さくない。左派の最もコアな支持者たちの票を、極右政党が奪うというお手本をヨーロッパ各国に示すことになる。

 

 

 

このページのトップヘ